那覇市は沖縄旅行の中心的存在

沖縄は、国内でももっとも人気のある旅行先のひとつ。沖縄旅行では観光スポットが多すぎて、どこへ行ったら良いか迷ってしまいますよね。
そこで今回は沖縄旅行の中でも特に人気の高い、定番中の定番観光スポットをいくつかご紹介してみます。
まずはじめは、沖縄の県庁所在地でもあり観光の中心地ともなっている那覇市から。
那覇市で絶対に訪れておきたい観光スポットといえば、やっぱり「首里城」です。戦災などで何度も焼失したため現在の建物は1992年に復元されたものですが、鮮やかな朱色に塗られた首里城正殿は圧巻です。首里城一帯は現在公園になっていて、広い園内には他にも見どころが沢山。有名な「守礼門」は、一見の価値ありです!
那覇市には他にも観光客は必ず立ち寄る「国際通り」や、那覇市の台所「第一牧志公設市場」など見どころが沢山ありますのでチェックしてみてください。

沖縄中部・北部エリアで目いっぱい楽しもう!

そしてレジャーやリゾート地が多く集まるのが沖縄中部から北部エリア。
このエリアで絶対に外せない定番の観光スポットは、本部半島の海洋博公園の中にある「沖縄美ら海(ちゅらうみ)水族館」でしょう。沖縄の海を再現した、巨大なジンベイザメが泳ぐ世界最大級の大水槽は、水族館でも一番の人気コーナーです。他にも美ら海水族館の付属施設として、イルカのショーが大人気の「オキちゃん劇場」や「マナティー館」など家族でも楽しめる施設がいっぱいありますよ。
リゾートの多い沖縄中部地区には、北谷(ちゃたん)町のアメリカンビレッジや恩納(おんな)村の恩納ビーチ、万座毛(まんざもう)など、ほかにも定番の観光スポットが沢山あります。全部紹介することはできませんが、ぜひ一度訪れてみてくださいね!